Oracleリスナーlog.xmlを無効にする方法

Loading...

非常に大きくなる可能性があり、データベースの問題です。リスナーロギングの設定を確認し、この設定を無効にする方法は次のとおりです。

$ lsnrctl
LSNRCTL> show log_status
 Connecting to (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1521)))
 LISTENER parameter "log_status" set to ON
 The command completed successfully

ここでlog_status = ONを見ると、Oracleはリスナーのログを保持していることを意味します。

LSNRCTL> show log_file
 Connecting to (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1521)))
 LISTENER parameter "log_file" set to /u01/app/oracle/diag/tnslsnr/db84/listener/alert/log.xml
 The command completed successfully

ここで、コマンド「 show log_file 」を使用してログファイルの場所を確認できます。

Oracleリスナーのロギングを無効にします。

LSNRCTL> set log_status off
 Connecting to (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1521)))
 LISTENER parameter "log_status" set to OFF
 The command completed successfully

現在、Oracleはリスナーロギングを生成しません。

<!-インライン関連投稿1/3 //->

関連: LEFT JOINの制限

Loading...