Oracleリスナーlog.xmlを無効にする方法

非常に大きくなる可能性があり、データベースの問題です。リスナーロギングの設定を確認し、この設定を無効にする方法は次のとおりです。

$ lsnrctl
LSNRCTL> show log_status
 Connecting to (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1521)))
 LISTENER parameter "log_status" set to ON
 The command completed successfully

ここでlog_status = ONを見ると、Oracleはリスナーのログを保持していることを意味します。

LSNRCTL> show log_file
 Connecting to (DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=IPC)(KEY=EXTPROC1521)))
 LISTENER parameter "log_file" set to /u01/app/oracle/diag/tnslsnr/db84/listener/alert/log.xml
 The command completed successfully

ここで、コマンド「 show log_file 」を使用してログファイルの場所を確認できます。

Oracleリスナーのロギングを無効にします。

LSNRCTL> set 
Read the rest “Oracleリスナーlog.xmlを無効にする方法”

ORA-03114:ソリューションの起動中にOracleに接続しません

最近、私のOracleデータベースの1つがマウントを開始できますが、開くことができません。

sql> startup
...
Total System Global Area                              7629732 bytes Fixed Size                                              60324 bytes Variable Size                                         6627328 bytes Database Buffers                                       409600 bytes Redo Buffers                                           532480 bytes 
...
ORA-03114: Not connect to Oracle

ORA-03114は、接続が確立されていないときにユーザーがOracleへの呼び出しを試みたときにトリガーされるエラーメッセージです。ここに私の解決策があります:

ステップ1:まずリスナーを確認します

$ lsnrctl status
 LSNRCTL for Linux: Version 11.2.0.1.0 - Production on 
Read the rest “ORA-03114:ソリューションの起動中にOracleに接続しません”

ORA-46356:アクション監査オプションが欠落しているか無効です。

エラーコード

ORA-46356:アクション監査オプションが欠落しているか無効です。

原因

無効なアクション監査オプションを使用して、監査ポリシーの作成または変更が試行されました。

ソリューション

有効なアクション監査オプションを使用します。

参照

注意事項

ORA-39828:索引string.stringエラーのため、制約stringは無効化されました。

エラーコード

ORA-39828:インデックスstring.stringエラーのため、制約文字列が無効になりました。

原因

制約に使用されるインデックスが使用不可として設定されました。

ソリューション

インデックスが使用不可に設定される原因となったエラーを修正します。

参照

注意事項

ORA-46627:キーストアのパスワードが一致しません

エラーコード

ORA-46627:キーストアのパスワードの不一致

原因

指定されたキーストアのパスワードは、開いているキーストアのパスワードと一致しませんでした。

ソリューション

正しいキーストアパスワードを指定します。

参照

注意事項

ORA-56935:既存のデータポンプ・ジョブは異なるバージョンのタイムゾーン・データファイルを使用しています

エラーコード

ORA-56935:既存のデータポンプジョブは、異なるバージョンのタイムゾーンデータファイルを使用しています

原因

データポンプジョブから、既存のデータポンプジョブで使用されているものとは異なるバージョンのタイムゾーンデータファイルを要求しようとしました。

ソリューション

既存のデータポンプジョブがセカンダリタイムゾーンデータファイルをアンロードするまで待機します。

参照

注意事項

ORA-46666:REKEY中にすべてのPDBに対してマスターキーが作成またはアクティブ化されていません

エラーコード

ORA-46666:REKEY中にすべてのPDBに対してマスターキーが作成またはアクティブ化されていません

原因

1つ以上のプラガブルデータベース(PDB)のマスターキーの作成に失敗しました。さらに、作成された1つまたは複数のマスターキーのアクティベーションも一部のPDBで失敗し、これらのPDBでREKEYが失敗しました。

ソリューション

トレースファイルでエラーを確認します。マスターキーを作成できなかったPDBをREKEYします。マスターキーが作成されたがアクティブ化されていないPDBのキーをアクティブ化するか、コマンドを再試行します。

参照

注意事項

ORA-46635:自動ログインキーストアの作成に失敗しました

エラーコード

ORA-46635:自動ログインキーストアの作成に失敗しました

原因

パスワードベースのキーストアに指定されたパスワードが正しくないか、指定された場所でのOracleのファイル権限が正しくないか、指定された場所が存在しないため、指定された場所に自動ログインキーストアを作成できませんでした。< / p>

ソリューション

詳細についてはトレースファイルを確認し、パスワードベースのキーストアの正しいパスワードを指定し、指定した場所にアクセス許可を作成するか、別の場所を指定して再試行してください。

参照

注意事項

ORA-46952:パスワード・ファイル ‘string’のスタンバイ・データベース形式が一致しません

エラーコード

ORA-46952:パスワードファイル「string」のスタンバイデータベース形式の不一致

原因

プライマリデータベースで行われたパスワードファイルの変更をスタンバイデータベースのパスワードファイルに適用しようとしましたが、パスワードファイル形式の不一致が原因で操作ができませんでした。

ソリューション

プライマリデータベースと同じパスワードファイル形式を使用して、スタンバイデータベースにパスワードファイルを再作成します。スタンバイデータベースで使用されるパスワードファイル形式がプライマリデータベースのものと一致することを確認します。

参照

注意事項

Oracleデータベースの既存のテーブルにパーティションを追加する方法

表のデータが大きくなると、SQLコマンドを高速化するためにパーティション化が必要になります。ただし、そのテーブルには既にデータがあります。これらのクエリは、1つの実行ステップでそれを行うのに役立ちます。

--create new partitioned table from old table
CREATE TABLE TBL_REQUEST_TEMP
 PARTITION BY RANGE(REQUEST_TIME)(
     PARTITION P201906 VALUES LESS THAN (TO_DATE('20190701','YYYYMMDD')),
     PARTITION P201907 VALUES LESS THAN (TO_DATE('20190801','YYYYMMDD')),
     PARTITION P201908 VALUES LESS THAN (TO_DATE('20190901','YYYYMMDD')),
     PARTITION P201909 VALUES LESS THAN (TO_DATE('20191001','YYYYMMDD')),
     PARTITION P201910 VALUES LESS THAN (TO_DATE('20191101','YYYYMMDD')),
     PARTITION 
Read the rest “Oracleデータベースの既存のテーブルにパーティションを追加する方法”